PAD印刷

有限会社ファインは福井県鯖江市にて眼鏡フレーム・ジッポライターなどの金属素材(チタン・ステンレス・アルミなど)・プラスチック成型品などへ特殊印刷加工を施している会社です。眼鏡フレーム、その他金属、樹脂素材への特殊印刷はファインへお任せください!眼鏡だけに限らず長年の技術と知識を活かし、あらゆる金属・プラスチックなどの成型品への特殊印刷、装飾印刷、表面加工印刷をご提案いたします。

PAD印刷とは凹版印刷の一種で、シリコンゴムのパッドを利用するのでPAD(パッド)印刷といわれています。凹版にあるインクを弾力性のあるシリコンゴムパッドに付着させ、そのインクを平面や凹凸面に転写する方法です。シリコンパッドは軟らかく多少の凹凸にもフィットするので瓶や缶の曲面、キートップの凹面、凸面の印刷にも利用されています。タンポ印刷、タコ印刷とも呼ばれる手法です。

 

PAD印刷の特徴は、弾力性のあるシリコンゴムを使って印刷するので形状に丸みや凹みがあっても、多少の凸凹なら印刷ができることです。また柄のエッジも綺麗に印刷できます。インクも光沢系・マット系(ツヤ消し)・透明系・不透明系・ラメ・パールなどがあるので、様々な表現ができます。

ファインは世界有数の産地である福井県鯖江市に工場を構えております。眼鏡枠製造全般はもちろんのこと、表面処理技術も日々進化を続けています。その中でもファインは創業以来、カラー・デザイン・品質に強いこだわりを持って、数千種以上の商品を印刷してきました。また、地元生産工場でもあるメッキ・塗装・七宝などの組み合わせにより、MADE IN JAPAN商品であることに誇りを持ち、付加価値の高い商品を提供させていただきます。
2色印刷
ファインの特殊印刷とは • PAD印刷 • シルクスクリーン印刷 • フルカラーインクジェット印刷 • 盛り上げ印刷 • UV厚盛り印刷 • 箔(ホットスタンプ) • チヂミ印刷 様々な手法を用いて、紙媒体以外に印刷すること。チタン・ステンレス・アルミなどの金属素材やガラス、プラスチックなどへ印刷はもちろん、木製品や刃物、アクリル、樹脂製品など、素材はほとんど選びません。精密で繊細な眼鏡フレームに採用されている高い技術力で特殊印刷・装飾印刷・表面加工を提供します。
単色印刷